保育理念

 

元気・素直・良い子

目指す子どもの姿

 

・満たされた生活を笑顔で過ごす子ども

 

・元気な身体をつくり、活発に活動する子ども

 

・明るい心情をもち、仲良く遊べる子ども

 

・認め合い、支えあえる人間関係を持つ子ども

目指す「保育環境」

 

1.生理的欲求を満たし、安定して生活できる環境の創造(物的環境の整備)

 

2.担任・クラスの仲間と、信頼関係で結ばれた環境の創造(人的環境の整備)

 

3.一人一人の発達を見据えた、多様な生活経験と保育内容の創造(事的環境の整備)

保育手法

 

■年齢別のクラス編成による「設定保育」

 

子どもたちからの要求を育て、主体的に活動することを目指した多彩な「設定保育」を展開しています。

 

 

■「遊び」を中心においた「設定保育」

 

遊び文化の育成を目指し、集団性を持って遊びこむ中で、豊かなコミュニケーションが育めるよう援助します。

保育内容

 

■安定した「生活」と多様な「文化的経験」

安心・安全の生活環境と、主体者としての生活づくり

子ども達の全面発達と、未来につながる文化的経験

 

 

■より良きかかわりを育む「集団づくり」

具体的に「協力する」「力をあわせる」ことの喜びを知る保育内容

班(グループ)単位での生活・あそび・当番活動

 

 

■「青少年赤十字(JRC)活動」

児童の主体的あ活動を仕掛け、「やさしいこころ」を育む

「仕事活動」「当番活動」「ボランタリー活動」(奉仕、先見)

「一円玉募金」「ペットボトルキャップ収集」

さまざまな保育の場面に、JRC活動を利用しています。

 

 

■「自然と触れ合う」保育

身近な自然環境の中での、のびのびとした活動と発見

「園庭での遊び」「周辺環境へのおさんぽ」

「植物の栽培」・・・各種野菜の栽培(=食育)

「生き物との交流」・・・虫探し、野鳥観察、季節ごとの草花遊び

 

 

■栄養士との連携で深める「食育」

 

 

■多彩な「保育行事」

主体性(意欲・心情・態度)の育成を主眼とする多様な保育行事

日常の運動遊びの集大成としての設定

「自己肯定感」「達成の充実」を導く目標設定

保護者とともに子どもたちの成長を喜ぶ機会づくり